子供の椅子を用意

子供の椅子を用意 結婚式場の中には、子供の椅子を豊富に用意している場所もあります。ゲストに子連れで参加する人がいるのであれば、こういったサービスが充実している結婚式場を選ぶことも大切だと言えるでしょう。
5歳前後までは専用のチェアに座ったほうが良いとされているので、5歳くらいまでの子が参加する場合はチェアがあるかどうか確認しておく必要があります。赤ちゃんの場合はベビーカーを持参してもらえば良いと思う人も多いようですが、結婚式場によっては赤ちゃん用の特別なチェアやベッドを用意しているケースがあるのでおすすめです。ゲストが快適に過ごすためにはもちろんですが、きちんとした椅子がなければ子供の機嫌を損ねてしまって式中にトラブルが起こってしまう可能性もあります。用意していなければ準備が悪い、不親切と思われるケースもあるので注意しておきましょう。5歳くらいの参加者がいるのであれば、人数分のチェアを用意しておき、必要に応じて使ってもらうと良いです。

子供向け婚礼料理について

子供向け婚礼料理について ゲストにお子様連れの方がいる場合、結婚式場側としっかり打ち合わせを行い、料理について調整しておく必要があるでしょう。結婚式場は通常、様々な年齢のお子様に合わせた料理メニューに対応しています。お子様の年齢を確認し、式場側に伝えて子供用のメニューを提案してもらいましょう。
一つ気をつけたいのが、ゲストに招かされるお子様にアレルギーがないか、という点です。大人の場合、仮にアレルギー体質であったとしても事前に自分自身で確認し、体質に合わない食材は避けるといった対応ができます。小さいお子様の場合、自分自身では食材の内容やリスクを確認することができないため、あやまって口にすることがないよう事前に気を配らなくてはなりません。式場側ではある程度までなら、アレルギーに対応することが可能となっています。しかしメニューや避けるべき食材の内容によっては対応が難しくなってしまうため、必要に応じてゲストに食事の持ち込みを依頼しておくことが大切です。